コストダウン

2014年05月31日

コストダウン戦略の最終回

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

              戦略作成のための質問集(17)

                【コストダウン戦略の最終回】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 こんにちは、塩梅マンです。


 前回は、【戦略作成のための質問集(16)】でした。



 市況原料・非市況原料への取り組み方の使い分け、価格情報の価値判断、購買先の探し方、コストダウン企画の科学性、などに関して検討してみました。

 あなたはどこら辺が特段の気付きでしたか?




 さて、今回は、年初から特別に取り上げているコストダウン戦略の最終回、【戦略作成のための質問集(17)】です。


 結論は【コストダウン戦略の最終回】です。




 今までと同様に、

A)●●だから戦略としてYESを選択する
B)●●だから戦略としてYESともNOとも決めかねる。●●を判断基準
にして都度戦略として好ましい方を選択する
C)●●だから戦略としてNOを選択する

と言う調子で戦略を作っていただきたいと思います。




 では、以下、行きますよ。


375)特殊品・特注品を極力買わないと言うコストダウン戦略を取っていますか?
(それとも、製品の差別化に必要なことなので積極的に活用すべきと思いますか?)
376)海外調達を積極的に推進すると言うコストダウン戦略を取っていますか?
(それとも、無理やりにやってトラブルを起こしたら元も子もないと思いますか?)
377)海外との取引には万一のために商社を噛ませておいた方が無難だと思ますか?
(それとも、商社がいても結果は同じ結末になるだけなので直取引で最大
効果を追求すると言うコストダウン戦略を取っていますか?)
378)海外調達をするために海外で通用する優秀・多能な人材を確保するコストダウン戦略を取っていますか?
(それとも、それは自前では即効性がないので外部に頼めば済むと思いますか?)
379)直取引と言うコストダウン戦略を取っていますか?
(それとも、利便性もあるので商社経由の方がベターだと思いますか?)
380)新規原料は直取引を原則とすると言うコストダウン戦略を取っていますか?
(それとも、それこそ商社に頼まないと回らないと思いますか?)
381)商社を使うことの費用対効果を精査していますか?
(それとも、利便性があるので費用対効果だけでは片づけられないと思いますか?)
382)商社マージンの妥当性を必ず検証すると言うコストダウン戦略を取っていますか?
(それとも、マージンは知ることができないので検証できないことだし、所詮外すことは無理と思っていますか?)
383)売りと買いに同時に関与している商社の価値は、見かけの利便性ではなく正味の利益と失っているマージンとの費用対効果で厳正に見極めると言うコストダウン戦略を取っていますか?
(それとも、原理的にはそうだが、評価のしようがないので感覚的に判断したらよいと思っていますか?)

以下に続く)
--------------------------------------------------------------------
■ コストダウンセミナー:大阪開催:募集中!

購買部門をプロフィットセンターに変える”攻め”の化学原料購買コストダウン

〜科学的アプローチによる19の手法〜

 ビジネス全体のグローバル化が加速される中でグローバル調達と購買コストダウンの重要性がいよいよ増しています。 ところが化学原料については、主原料は相場で価格が形成されやすいために売り手市場の色彩が濃く、 また、副原料は何の疑念もなく発注を繰り返しているなど、コストダウンへの深耕は不十分です。 結局のところ、適正価格を把握しないまま、勘と経験、度胸と運、義理人情に頼りがちなコストダウンに陥っているのではないでしょうか。

 本講座は、「科学的コストダウンの導入」をキャッチフレーズに、化学メーカーで累計475億円のコストダウンを達成した講師直伝の戦略を伝授します。 具体的には、少額なために見落とされがちな副原料に焦点を当て、科学的根拠(講師独自の適正価格の究明など)にもとづいて購買単価の妥当性を評価し、 コストダウンを高い確率で実現するための手法を解説します。

 副原料における1回のコストダウン活動は、その後のコストダウン効果を保証できるので長期的な利益を生み出すことになります。 科学的コストダウンの導入により購買部門をプロフィットセンターへと変貌させましょう!


※希望者には、特典として、講師による『輸入価格の無料調査』が受けられます。




●主催:     日刊工業新聞社
●日時:     2014年07月23日 (水)  10:00〜17:00
●会場:     日刊工業新聞社 大阪支社セミナー会場(大阪市中央区)
●講師:     近畿化学協会 認定 化学技術アドバイザー(原料購買)
         化学原料コストダウン研究所 所長 山本恒雄
●受講費:    43,200円( テキスト代、昼食代、消費税込み)
          ※1社複数名のご参加の場合、2人目より10%割引致します。
            (38.880円)




プログラムの詳細と参加申し込みに関しては下記でご確認いただけます。

http://www.nikkan.co.jp/edu/semi/o140723-2.html
--------------------------------------------------------------------
(この下続き)

384)売り手の事情と心理を熟慮したコストダウン戦略を取っていると思ますか?
(それとも、売り手の事情は見通せないので心理的駆け引きでやればよいと思いますか?)
385)価格交渉は個人の裁量に任せればよいと思いますか?
(それとも、事前に必ず交渉戦術を作成・練習して臨むと言うコストダウン戦略を取っていますか?)
386)他社への切り替え可能を確認した上で今の購買単価の極限的な値下げ交渉をすると言うコストダウン戦略を取っていますか?
(それとも、それが理想だが現実的ではないので要は交渉力でやればよいと思っていますか?)
387)価格交渉の際、最悪どうするかを決めることはできないのでそこそこの妥協点を探るやり方で良いと思っていますか?
(それとも、最悪は世界中のどこかから購買するとの準備をして臨むと言うコストダウン戦略を取っていますか?)
388)新規参入で失地に至った今までの取引先との価格交渉では、今までの付きあいもあるのでそこそこの妥協点を探り、何回も交渉すれば良いと思っていますか?
(それとも、徹底的に強気で臨むと言うコストダウン戦略を取っていますか?)
389)代替品を探すのに困らないレベルの詳しい仕様を購買仕様書に書かせていますか?
(それとも、必要になった時に収集すればよいと思いますか?)
390)原料の素性が不明なものは諦めて別の原料を検討することにしていますか?
(それとも、自社で分析するなどして兎に角代替品を探すと言うコストダウン戦略を取っていますか?)
391)購買している化学原料の詳細をデータベース化させるコストダウン戦略を取っていますか?
(それとも、必要になったらやると言うことでも支障はないと思いますか?)
392)原料購買データベースの維持管理では、日常的にはみんなが適宜更新し、節目できちんと整えるやり方が好ましいと思いますか?
(それとも、いつも価値を損なわないように化学の素養がある専属の一人に担わせると言うコストダウン戦略を取っていますか?)
393)化学物質名が常時付いて回るような原料購買データベースを作らせるコストダウン戦略を取っていますか?
(それとも、品名の異なる同一化学物質を見逃しても被害は少ないと思いますか?)
394)化学物質単位で名寄せされた原料購買データベースを作ると言うコストダウン戦略を取っていますか?
(それとも、品名の異なる同一化学物質が大きく離れた行になっているために見逃しても被害は少ないと思いますか?)



 以上です。お疲れ様でした。




 では、今回はここまで。結論は【コストダウン戦略の最終回】でした。


 次回は、【購買戦略(その23)】です。

---------------------------------------------
編集後記) 

 まだ5月だと言うのに真夏のようなこの暑さ、早くもエアコンの世話になっています。あなたのところはどんな調子でしょうか?


 さて、今回は、これ↓。
ズッキーニ1号


























 ようやく最初の収穫ができるようになってきました。


 ポツンと雌花が1つだけの朝、


 逆に、2本咲いたけど雄花ばかり、


 そんなもどかしさの繰り返しの末に、1本目のズッキーニがグングン。


 オリーブオイルの準備をしなきゃ。自然の恵みに感謝!
-------------------------------------------



2013年12月25日

コストダウン戦略1回目

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

              戦略作成のための質問集(15)

                【コストダウン戦略1回目】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 こんにちは、塩梅マンです。


 前回は、【戦略作成のための質問集(14)】でした。

 自前主義の費用対効果などについて考えていただきました。どのような戦略が見つかりましたか?


 さて、今回は、【戦略作成のための質問集(15)】です。結論は【コストダウン戦略1回目】です。


 ちょっと今回からしばらくは、特別企画として購買戦略の一部を構成しているコストダウン戦略に限ってリスト化して見たいと思います。


 今までと同様に、

A)●●だから戦略としてYESを選択する
B)●●だから戦略としてYESともNOとも決めかねる。●●を判断基準
にして都度戦略として好ましい方を選択する
C)●●だから戦略としてNOを選択する

と言う調子で戦略を作っていただけたらと思います。

 

 では、行きますよ。


317)コストダウンを行うそもそもの目的を明確に規定していますか?
(それとも、何故コストダウンする必要があるかを考えても価値が少ないと思いますか?)
318)コストダウンは利益そのものであり、販売増よりも遥かに効果が大きいとの認識が社内にありますか?
(それとも、その認識が薄い部門などがあると思いますか?)
319)コストダウンは購買の最大の任務だと思いますか?
(それとも、コストダウンよりも優先すべき任務があると思いますか?)
320)化学原料が最も重要なコストダウンの対象であると思いますか?
(それとも、もっと重視すべきコストダウン対象があると思いますか?)
321)コストダウン戦略以上に大切にする購買戦略がありますか?
(それとも、コストダウン戦略は購買戦略で最も重要と思いますか?)
322)購買戦略があるのでコストダウン戦略は省略できると思いますか?
(それとも、コストダウン戦略も別途作られていますか?)
323)コストダウン戦略を受けた形で戦術を作っていますか?
(それとも、自由にコストダウン戦術を作っていますか?)
324)単価が下がれば兎に角コストダウンしたと思いますか?
(それとも、「コストダウンとはあるべき単価で買えるようにすること」との認識が浸透していますか?)
325)コストダウンの正確な定義をしていますか?
(それとも、自社流の定義をしていますか?)
326)損益分岐点の変動に対して適宜改善することもコストダウンだと思いますか?
(それとも、コストダウンした後に維持し続けることができるものだけとしていますか?)
327)市況原料の価格交渉の結果をコストダウンに含めていますか?
(それとも、それはコストダウンから除外して扱っていますか?)
328)市況原料の価格交渉過程での価格差(提示価格と合意価格の差)をコストダウンに含めるようにしていますか?
(それとも、それは根拠が薄いことなのでコストダウンから除外する様にしていますか?
329)市況原料の価格交渉過程での時間差(提示時期と実施合意時期の差)をコストダウンに入れていますか?
(それとも、コストダウンにすることは不合理として除外していますか?)
330)非市況原料のコストダウン効果を1年だけの利益と見做していますか?
(それとも、効果の永続性を考慮して少なくともある年数を乗じたり、ある年数での累積利益として扱っていますか?)
331)非市況原料のコストダウン効果は年度途中の開始日を問わず1年間の効果に換算していますか?
(それとも、実施日から年度末までの間だけの利益と見做して翌年の成果に入れないようにしていますか?)
332)コストダウンよりも開発購買の方がもっと重要と認識していますか?
(それとも、労力ばかり掛かることはしないで今のコストダウンに専念したいと思いますか?)
333)コストダウン活動は他部門の要請に答えて行くことが大切と思われますか?
(それとも、購買部門が社内1番のコストダウンの専門性を習得するなどリーダーシップを発揮できる状況を意図的に作り出し、他部門を動かすと言うスタンスのコストダウン戦略を取っていますか?)
334)「行動を起こさないことは機会損失を生んでいる」と言うコストダウン戦略を取っていますか?
(それとも、トラブルを起こすぐらいならコストダウンしない方がよいと思いますか?)
以下に続く)
--------------------------------------------------------------------
 期間限定、必読レポート!
  化学原料の購買価格は、もっと下がります!

【化学原料を最安値で購買した5つの成功事例】

  コストダウンの宝の山はどこにあるのか?

 ●あなたは、需要と供給、と言う言葉で言い訳していませんか?
 ●あなたは、どんな経済環境でも可能なコストダウンをしていますか?
 ●あなたは、20−30%レベルのコストダウンをしていますか?
  ●あなたは、商社に頼んでもコストダウンできると思っていませんか?
 ●あなたは、値下げ交渉の決め手は交渉力だと思っていませんか?


 下記をクリックしてお申し込みください。

 http://www.ip-labo.jp/category/1188236.html 
--------------------------------------------------------------------
(この下続き)

335)じっくりコストダウンに取り組めるようにするため、価値の低い仕事・商談などを思い切って切り捨てると言う策を取っていますか?
(それとも、どれも価値のある仕事なのでコストダウンに専念するためには増員することを考えますか?)
336)コストダウンに際して競争原理以外も考慮した総合的な判断に努めていますか?(それとも、徹底した競争原理の追求をするようにしていますか?)
337)複数の取引先を選定する際に最優先にする判断基準は単価であるとしていますか?
(それとも、単価以上に重要視する要素があると思いますか?)
338)商道徳面で何かと卑劣な営業活動をする取引先には冷徹な評価を下すと言うコストダウン戦略を取っていますか?
(それとも、そのような大人げないことはすべきでないと思いますか?)
339)コストダウンは発案ベースで閃いた策を大切にしていますか?
(それとも、全ての策を動員するコストダウン戦略にしていますか?)
340)価格交渉を中心とした組織内でできるような即効性の高い手法を主にしていますか?
(それとも、社内の協力なしにはできないような手法に軸足を置いたコストダウン戦略を取っていますか?)
341)「何年掛かってもやるべき」と言うようなビッグテーマに機械的な短期評価を下さず粘り強く取り組むコストダウン戦略を取っていますか?
(それとも、どうなるか不確実なものに期待せず短期に効果が出ることを追求していますか?)
342)コストダウン活動としてみんなが賛同して貰えないことは追い求めないことにしていますか?
(それとも、必要になれば関連組織を説き伏せると言うコストダウン戦略を取っていますか?)
343)社内を巻き込んで取引先を変更するコストダウン戦略を取っていますか?
(それとも、大掛かりになるので極力使わないことにしていますか?)
344)実現性を考慮して手前にあることからコストダウンして行くように努めていますか?
(それとも、立ちはだかる壁に言い訳させず壁を取り払うブレークスルーを求めていますか?)
345)即効性とローリスクに流れず、急がば回れやハイリスクにも挑戦するコストダウン戦略を取っていますか?
(それとも、ハイリスクには手出ししないコストダウン戦略にしていますか?)
346)コストダウンは失敗しないことが大事と思っていますか?
(それとも、「失敗しても給料を返せとは言われないから恐れず困難に挑戦」としていますか?)
347)個人の立場と会社としての立場の間で苦しんだ場合、個人の立場を捨てていますか?
(それとも、モティベーションが大切なので会社に損が生じても個人の気持ちを優先するようにしていますか?)
348)みんなでそこそこを積み重ねれば大きなコストダウンになると思いますか?
(それとも、「そこそこコストダウンしていますよ」と言うのでは不適格者になってしまうと思っていますか?

 

 以上です。お疲れ様でした。


 では、今回はここまで。結論は【コストダウン戦略1回目】でした。

 

 

 次回は、【戦略作成のための質問集(16)】です。

---------------------------------------------
編集後記) 

 いつもの事ですが、年賀状の作成に追いまくられて瞬く間に年末を迎えました。かろうじて滑り込みセーフでした。

 

 さて、今回は、これ↓。

菊の午

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 明石公園の菊花展での獲物

 ヒヒーン、ブルルルー、ブルルルー

 飛躍の午年で、2014年を駆け抜けましょう!
-------------------------------------------



2010年02月15日

真水のコストダウン

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

               真水のコストダウン

        【市況品の価格交渉の外にある世界】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 こんにちは、塩梅マンです。


 前回は、【いくらで買うのか?】の40回目でした。

 普通考えているコストダウンには基本的な誤解が多いことを書いたのでビックリされたかも知れませんね。その内の2つ(目的の勘違いと時間軸を忘れてしまうこと)について少し解説しました。

 

 さて、今日は、【いくらで買うのか?】の41回目です。


 今日の結論は、【市況品の価格交渉の外にある世界】です。


 前回の続きです。


 では、次の問題を考えて見ましょう。


3)値下げ交渉とコストダウン


 実は、値下げ交渉とコストダウンの関係をしっかり正しく捉える必要があるのです。


 価格交渉と言うのには、

|猷爾欧任る場合
値下げにならない場合
C余紊欧砲覆訃豺隋

の3つがあります。


 従って、前回示したコストダウンの定義式を見れば分かるように、値下げできたらコストダウン額が存在します。


 値下げできなかった場合はコストダウン額はゼロになります。


 では、値上げになった場合はどうなりますか?


 その通りです。


 コストダウン額はマイナスになってしまいますね。要するにコストダウンではなくコストアップです。


 コストダウンの成果が出たときとは逆に、今度はあなたが会社に対して成績不振を詫びなければならない訳です。

 

 では、これらの誤解を纏めて見ましょう。


 頻繁に値上げを迫られるような原料で、値下げ交渉で得られる一時的なコストダウンは短期のコストダウンに過ぎないと言うことです。


 もっと違う説明をした方が良いかもしれません。


 そのような原料の単価の推移を、横軸を時間にして書いてみると分かってくることがあるはずです。


 単価は、上がったり、下がったりしますが、ある中心軸を挟んで上下に揺れ動きます。


 その揺れ動きを決めている力は、売り手からの値上げ要求とあなたからの値下げ交渉であり、両者の合意点が時々刻々の単価となっています。


 ところが、この価格交渉には常勝や常負はあり得ませんから、長い時間軸で見ればあなたは損も得もできないはずのものです。ある時に上手く得したとしても、別の時が来たらその得はチャッカリと取り返されているわけです。


 結局、頻繁に値上げを迫られるような原料での価格交渉では、ある瞬間にはコストダウンになり、又、別の瞬間にはコストアップになるのです。


 そして、そのようなコストダウンは、短期のコストダウンであって長期のコストダウンには決してなり得ません。


 又、そのようなコストダウンはその瞬間においては巨額(1円/kg値下げしたら何億円も得する)に見えますが、別の瞬間には巨額のコストアップにもなるのです。


 要するに、そのようなコストダウンは価格交渉の努力をいくら重ねても、長期的な事業の収益性改善・利益創出にはなっていないのです。


 確かに短期のコストダウンは今日を生き延びるためには大きな価値があるのですが、事業の本質的な強化には繋がりにくいのです。


 だから、経営者からこんなうめき声が出てくるのです。

(以下に続く)
-----------------------------------------─
 コストダウンセミナー【東京】:準備中!

日時:   5月28日(金) 10:00−17:00
場所:   東京にて


 今しばらくお待ちください。

-----------------------------------------
(続きです)

『あれだけ一生懸命コストダウンしていると成果を聞かされているのにちっとも会社は強くなって行かないじゃないか!一体どうなっているんだ!』


『本当にコストダウンが出来ているのだろうか?どこかで誤魔化されているのでは?』


『コストアップになった責任は一体誰が取っているんだ?』


 そして、購買部門へは更なるコストダウンの指令が飛ぶのです。


 一方、全く逆に、


 頻繁に値上げを迫られないような原料(概しては小物)のコストダウン効果はどうなっているのでしょうか?


 この手の原料は、何故、頻繁に値上げを迫られないのでしょうか?


 その理由は、一言で言うと、購買価格が適正価格よりも相当高くなっているからです。


 即ち、経済環境や製造するための原料調達環境が相当悪化しても、収益への圧迫が少ない程の値差を確保できているのでわざわざ値上げをあなたに要請しなくても凌げると言う裏事情があるのです。


 そのような状況になる原因は次のようなところにあります。


●価格情報が一切飛び交っていないので適正価格自体が全く分からない
●高過ぎる見積価格であっても見抜けない
●小物との認識から初期の単価が放置されている

 

 ではここで、もう一度、上記のコストダウンの定義式中の時間軸を思い出してください。


 小物と言うのは、年間購買金額が少ないものです。


 従って、コストダウンしたとしてもコストダウン額は少ないと思うでしょう。


 ところが、この手の原料の単価はコストダウンした後にも値上がりすることは殆どありません。


 ですから、コストダウンの行動は1回限りだとしても、コストダウン効果は翌年以降もずっと続くのです。


 と言うことは、式の時間軸、即ち、購買継続年数を乗じることができるわけです。


 結局、小物のコストダウンは年間効果で捉えたら確かに小さいけれど、効果の継続性をちゃんと考慮すれば思ったよりも遥かに大きいものだと言えますよね。


 そして、この手の原料でのコストダウンは正に会社を強くすることが出来る長期の採算性改善・利益創出であることを示しています。


 結論を言いましょう。


 真水のコストダウンとは、頻繁に値上げを迫られるような原料に於いては、値下げ交渉以外の購買構造の戦略的転換で進めること

 真水のコストダウンとは、頻繁に値上げを迫られないような原料に於いては、値下げ交渉を含めた多面的な手法で実行すること


 そして、最後に、

 頻繁に値上げを迫られるような原料に於ける値下げ交渉をコストダウン成果と呼ばないこと(経営者の目線で言えば、もしどうしてもコストダウン成果と言いたいのであれば、同時に、コストアップの責任も組織・個人として取るのが必然となりますね。)


です。

 

 以上、今回の結論は【市況品の価格交渉の外にある世界】でした。


 では、今日はここまで。次回は、【いくらで買うのか?】の42回目、です。

---------------------------------------------
編集後記)

 あと1ケ月もすればアウトドアーが楽しくなる春です。


 さて、今回は、これ↓です。

300白梅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 香りの少ない花が多いこの時期だけに、漂う香りはありがたいものです。


 もう、早い春が来ているのですね。


 それにしても、梅花のところどころに枝が咲いているようなこの過密度。うーん、お見事です。


 メジロの撮影もと思ったのですが、外ればかり。蛍光灯ような携帯電話のシャッターでは無理なんですかねえ?

-------------------------------------------



Profile
塩梅マン
化学原料に限定した購買コンサルタントです。化学原料コストダウン研究所の所長です。輸入価格を知った上で購買するのが合理的購買の原点であると信じております。このノウハウで私は475億円のコストダウン実績を挙げました。これを日本中に普及させることを目指しております。私の究極の使命は日本が本当の意味で国際競争力を強化することです。コストダウン、開発購買などの成果を多くの方が実感されるのを願っております。