2013年04月01日

購買データの有難味

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

              戦略作成のための質問集(8)

                【購買データの有難味】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 こんにちは、塩梅マンです。


 前回は、【戦略作成のための質問集(7)】でした。

 購買を自社内の能力だけで完結させたいと言う暗黙知のような自前主義にスポットを当てた44の質問でした。

 この中で特に重要な戦略だと確信したことがあれば自信を持って拘って行く価値があると思いますよ。

 


 さて、今回は、【戦略作成のための質問集(8)】、結論は【購買データの有難味】です。


 今まで通り、下記の各質問について、

A)●●だから戦略としてYESを選択する
B)●●だから戦略としてYESともNOとも決めかねる。●●を判断基準にして都度戦略として好ましい方を選択する
C)●●だから戦略としてNOを選択する

と言う風に手順に沿って決めてください。

 

 では、行きましょう。


195)戦略と原料毎の戦術との整合性を管理するべきだと思いますか?
(それとも、管理の必要はないと思われますか?)
196)戦略と原料単位での戦術との関係性はタイミングは決めずに都度の管理をしていますか?
(それとも、年間の節目でチェックしていますか?)
197)戦略と原料毎の戦術との関係性を年間の節目で確認していますか?
(それとも、特に意識したことはないのでしょうか?)
198)全般的な購買管理に適した購買データが必要だと思いますか?
(それとも、全般的なものでは実際は役に立たないと思いますか?)
199)安定供給の確保に適した購買データが必要だと思いますか?
(それとも、わざわざそのためのものは必要がないと思いますか?)
200)コストダウンに適した購買データは必要がないと思いますか?
(それとも、そのためのものが必要だと思いますか?)
201)基幹システムと連携する形で購買データを管理していますか?
(それとも、必要時に個別に購買データが作れればよいと思いますか?)

以下に続く)
--------------------------------------------------------------------
 期間限定、必読レポート!
  化学原料の購買価格は、もっと下がります!

【化学原料を最安値で購買した5つの成功事例】

  コストダウンの宝の山はどこにあるのか?

 ●あなたは、需要と供給、と言う言葉で言い訳していませんか?
 ●あなたは、どんな経済環境でも可能なコストダウンをしていますか?
 ●あなたは、20−30%レベルのコストダウンをしていますか?
  ●あなたは、商社に頼んでもコストダウンできると思っていませんか?
 ●あなたは、値下げ交渉の決め手は交渉力だと思っていませんか?


 下記をクリックしてお申し込みください。

 http://www.ip-labo.jp/
--------------------------------------------------------------------
(この下続き)

202)購買データは必要になった時に調べられればよいと思ますか?
(それとも、いつでも直ぐに調べられるように整備していますか?)
203)商談時でも購買データが見られるようになっていますか?
(それとも、事前に調べてその場に臨めばよいことと思いますか?)
204)購買データはみんなで適宜変更を加えられるようにしていますか?
(それとも、一元管理する人を決めていますか?)
205)購買データは購買担当者だけしか調べられないようになっていますか?
(それとも、誰でも調べられるように整備していますか?)
206)購買データの秘匿性を管理できるようになっていますか?
(それとも、社内の誰でも見ることが出来るようになっていますか?)
207)購買データと原料データ(原料を定義する情報類)が一体化されるようになっていますか?
(それとも、必要になったら一体化したデータをその都度作成するようにしていますか?)
208)過年度の購買データも含めて一望できるようになっていますか?
(それとも、単年度単位のものになっていますか?)
209)海外・関連会社・各事業部も含めて全社一元の購買データが作成されていますか?
(それとも、経理単位で個々に作成されていますか?)


 今回は質問数が少ないので楽だったかも知れませんね。お疲れ様でした。

 

 結論は、【購買データの有難味】でした。


 次回は、【戦略作成のための質問集(9)】です。

---------------------------------------------
編集後記) 

 すっかり春めいて来ましたが、あなたのところの桜前線はどうなっていますか?明石はチラホラと咲き始めたところです。大阪は、早、満開のようです。


 さて、今回は、これ↓。

ベニこぶし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  白と相場が決まっていると思っていたので、この色にビックリ!


 ラッキー。
-------------------------------------------



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
塩梅マン
化学原料に限定した購買コンサルタントです。化学原料コストダウン研究所の所長です。輸入価格を知った上で購買するのが合理的購買の原点であると信じております。このノウハウで私は475億円のコストダウン実績を挙げました。これを日本中に普及させることを目指しております。私の究極の使命は日本が本当の意味で国際競争力を強化することです。コストダウン、開発購買などの成果を多くの方が実感されるのを願っております。