2010年01月31日

コストダウンへの誤解

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

                 コストダウンへの誤解

                 【目的と時間軸】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 こんにちは、塩梅マンです。


 前回は、【いくらで買うのか?】の39回目でした。

 思わず口に出してしまいそうな『そこそこ』。これこそコストダウンに立ち向かう場合の心の中の最大の壁。あなたの辞書からこの言葉を捨て去ってください。そうすれば今まで見たこともない景色に出会えますよ。

 

 さて、今日は、【いくらで買うのか?】の40回目です。


 今日の結論は、【目的と時間軸】です。


 早速ですが、1つ質問があります。


 あなたのところでは、コストダウンに目標がありますか?


 「えっ、そんな馬鹿馬鹿しい質問をするな」ですって?


 そうか、あるに決まっていますよね。


 じゃあー、それはどう言う表現でしょうか?


■1年後で●%コストダウンする

■1年後に購買金額を△△億円減らす


 他にも変形はあるかもしれませんが、おおよそこんな格好になっているのではないでしょうか?


 この丸まったこのコストダウン目標を次にどうやって具体的なコストダウン計画にして行きますか?


A)購買金額の大きいものこそ全体としてコストダウン効果が稼げるのでそこに重点を置いて・・・

B)小物はやっても全体としては影響が少ないのでほどほどに・・・

C)この原料は単価を○○円から■■円/kgに下げることにして・・・

D)あの原料は購買比率を安いほうに少しシフトさせて・・・

E)その原料はもっと安い新しい取引先から購買することを想定して・・・

F)・・・


 まあ、ざっとこんな調子で目標をブレークダウンして行くのではありませんか?


 ところが、このやり方には色々と問題があることにお気づきでしょうか?


 では、ここでの最も大きな問題は何だと思いますか?


 ちょっと1分間考えてみてください。

(以下に続く)
-----------------------------------------─
 コストダウンセミナー【大阪】:
      締切直前!

日時:   2月5日(金) 10:00−16:30
場所:   エル・おおさか 7F 701
テーマ名: 化学原料のコストダウン戦略とそのノウハウ


 お待ちかねの


【【【【【 大阪 】】】】】


での開催です。


 下記をクリックして、『このセミナーに参加したら何を手に入れることが出来るのか?』をご確認ください。


http://www.rdsc.co.jp/seminar/100206.html


 尚、弊社経由でお申込みされる場合は、講師割引特典により49,980
円(2名様まで可能)のところが24,990円(1名様でのご参加限定ですが)になります。

 下記をクリックして表示されるフォームに必要事項をご記入の上弊社宛に
ご連絡ください。

http://www.ip-labo.jp/article/13183391.html 

-----------------------------------------
(続きです)

 実は、

最も大きな問題は、そもそも、『コストダウンそのものを誤解している』と言うことです。


 1つ目の誤解は、コストダウンの目的です。

 2つ目は、コストダウンの時間軸です。

 3つ目は、値下げ交渉効果とコストダウンの関係です。


 では、順を追って少し解説しましょう。


1)コストダウンの目的

 コストダウンの目的は、事業の採算性の改善と利益の創出です。このことには誰も異論はないでしょう。


 それぞれに短期と長期がありますね。


 で、ここで誤解があると言うのは、短期の採算性改善・利益創出に目を奪われて、ややもすると長期の採算性改善・利益創出がおろそかになってしまうと言うことです。


 実は、優先度からすれば長期の方が短期よりも大事なのですが・・・。


2)コストダウンの時間軸

 次はこれです。コストダウンの定義式は下記のようになっています。


コストダウン額=堯福淵灰好肇瀬Ε鸛亜−コストダウン後@)*年間購買量*購買継続年数)


   ここで瑤箸蓮▲灰好肇瀬Ε鵑靴晋粁僧爐料輜造里海


 ところが、この式の時間軸、即ち、購買継続年数の項をえてして忘れてしまう人が圧倒的に多いのです。頭の中に無い人さえいたりします。


 コストダウンと言うのを時間を無視して考えてはならないと言うことです。

 

 以上、今回の結論は【目的と時間軸】でした。


 では、今日は途中ですがここまで。次回は、【いくらで買うのか?】の41回目、です。続きを解説しましょう。

---------------------------------------------
編集後記)

 1月が瞬く間に通り過ぎて行きました。本格的な寒さはまだまだ続くのでしょうかね?正月前後の激寒のお陰で、年甲斐も無く40年振りにシモヤケが出来てしまいました。足の薬指と言う微妙なところなので小指に押される格好になるため痛くて辛い散歩です。しばらくビッコ引きながらが続きそうです。


 さて、今回は、これ↓です。

300葉牡丹

 

 

 

 

 

 

 



 花の少ない今の時期にお馴染み。外葉と内葉の見事なコントラス。


 特に、赤紫の葉脈がある外葉2枚が気に入りました。
-------------------------------------------



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
塩梅マン
化学原料に限定した購買コンサルタントです。化学原料コストダウン研究所の所長です。輸入価格を知った上で購買するのが合理的購買の原点であると信じております。このノウハウで私は475億円のコストダウン実績を挙げました。これを日本中に普及させることを目指しております。私の究極の使命は日本が本当の意味で国際競争力を強化することです。コストダウン、開発購買などの成果を多くの方が実感されるのを願っております。