2008年07月31日

実勢価格・適正価格の正体は?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

       実勢価格・適正価格の正体は?

         【実は、適当価格】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 こんにちは、塩梅マンです。

 

 前回は、【いくらで買うのか?】の5回目でした。実勢価格・適正価格を調査する普通にやる方法と、本気でやる方法をご紹介しました。

 

 今日は、【いくらで買うのか?】の6回目です。


 結論は【実は、適当価格】です。


 では、私が着任当時に見た例の報告書は一体何だったのでしょうか?
(忘れた方や初めての方は、24回目のブログ:『価格の難しいところ』をお読み下さい)


 その中に書かれていた実勢価格・適正価格はどうやって手に入れたのでしょうか?


 前回、実勢価格・適正価格は入手できないと言い切りました。そして、『私ならできる』とリンクで紹介しました。
         ⇒ http://www.ip-labo.jp/category/1187983.html

 

 と言うことは、私の着任前に、適正価格は入手できなかったはずですよね。


 にもかかわらず、あの報告書には厳然と数値が漏れなく記入されていたのです。

 

 正に、マジックです。


 私は、その報告書を作成した当事者ではありませんので、これ以上は分かりません。

 

 ただ、言えることは、『私の言うレベルの適正価格』ではなく、『別の適正価格』があったと言うことでしょう。


 前回、お示しした普通考えられる方法12種のどれかを使って埋めた数値であったのではないでしょうか?

 

 ですから、結論は、【実は、適当価格】でした。お後がよろしいようで。


 では、今日はここまで。


 次回は、【いくらで買うのか?】の7回目、です。

---------------------------------------------
編集後記)

 いやーっ、強烈に暑いですね。いや、暑いなんてものじゃないですね。言葉が見つかりません。

 かと思ったら、数日前に(神戸市の都賀川で災害まで引き起こした鉄砲水とほぼ同時刻)強風・局地的豪雨・落雷で自宅周辺で一斉の停電。仕事中のパソコン電源もOFF。昼間の暗雲で家の中は真っ暗とは行かないまでも闇状態。思えば停電は13年前の阪神淡路大震災以来ではないかな?と。周囲の住宅も明かりが全て消えました。

 この頃、地球温暖化の恐怖を感じさせることが多いですよね。

 

 さて、今回は、【愛馬】、です。

293馬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 私は、時々、馬を見に行くことがあるのですが、これは三木ホースランドのひとコマ。


 とは言っても、別に馬主ではなく、全くの見物客の1人に過ぎません。勿論、競馬も40年前に試しに1回だけやって見ただけですが。


 完全に片思いですが、かわいいものです。どうです、この美しい毛並み。ニンジンタイムにはバリバリと食べてくれます。

 又、ここでは、常時自由に厩舎の中を見学できるので、スキンシップを堪能できます。鼻栓をすればお奨めのスポットです。チャンスがあれば訪ねて見てはいかがでしょうか?

 

 ところで、停電の件ですが、自宅のブレーカーがOFFになっているのを見つけてONにしたら復旧してしまいました。お騒がせしました。

-------------------------------------------



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
塩梅マン
化学原料に限定した購買コンサルタントです。化学原料コストダウン研究所の所長です。輸入価格を知った上で購買するのが合理的購買の原点であると信じております。このノウハウで私は475億円のコストダウン実績を挙げました。これを日本中に普及させることを目指しております。私の究極の使命は日本が本当の意味で国際競争力を強化することです。コストダウン、開発購買などの成果を多くの方が実感されるのを願っております。