2008年05月31日

いったい、どうしようか?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

      いったい、どうしようか?

        【知りたいこと】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 こんにちは、塩梅マンです。


 前回は、【いくらで買うのか?】の1回目でした。購買部長が思わず本音を言ってしまったことを話しました。

 

 今日は、【いくらで買うのか?】の2回目です。


 結論は、【知りたいこと】、です。


 さて、「価格の妥当性の根拠を示せ!」と言われてしまった後、どのような報告をしたと思いますか?


 あなただったらどうしますか?


1)価格の情報を徹底的に探し捲くる?


2)出来る範囲で価格を調べて、「これ以上は無理です。ごめんなさい」と謝って、許して貰う?


3)見積価格なのだから間違いないと主張する?


4)「もともと、適正価格なんて分かりっこないものなんです」と言って、納得してもらう


5)ほとぼりが醒めるまで、ほうっかむりを決め込む?


6)完全に無視する?


(以下に続く)
-------------------------------------------
【トピックス】

 今日は、ビッグニュースです。

 あなたのコストダウン活動に役立ちまので、必ずお読み下さい。


 7月15日(火)10:30−17:30、

東京で、

【化学原料のコストダウンセミナー】


を開催します。

 講師の私が、7年間、原料購買部門で経験したコストダウンの全貌を解説いたします。
 
 コストダウンセミナーは一杯あります。インターネットで検索してみてください。

 しかし、残念ですが、化学原料に有効なのは殆どありません。講師のコストダウン実績も明かされていません。

 私は、累積700億円の実績に裏づけされた内容を、

1)具体的な事例で
2)講師の自画自賛ではなく、厳然たる根拠を持って
3)生々しく

開示します。この機会をお見逃しなく!!


 概要とお申し込み方法は、下記をクリックしてご確認下さい。

  http://www.ip-labo.jp/article/13183396.html

 尚、私を経由してお申し込みされると大きく割引される特典があります。待っています。

-------------------------------------------
(続きです)


 やはり、仕事ですから、下の方に書いたような行動はしたくてもできないですよね。


 圧倒的な権限を持っている購買部長が相手ですから、不味いことはできません。後々、影響が出ますからね。サラリーマンですからね。


 では、実際はどうだったのか?


 報告書を出したのです。


 中を見ると、一つ一つの副原料毎に、実勢価格と言う欄に、数値が書かれたものでした。


 一つも、空白はありません。ビッシリ詰まったものです。


 お見事!?


 あっ、ところで、この一連の話は私が見た資料のことです。私は全く関与していません。遠い昔の話だったのです。


 以上、結論は、【知りたいこと】、でした。


 この話、あなたはどう感じられましたか?

 

 では、今日はここまで。


 次回は、【いくらで買うのか?】の3回目、です。

---------------------------------------------
編集後記)

 何か、今日辺りから入梅の気配をうっすら感じるのは、私だけでしょうか?雨は自然からの大切な贈り物ですから、喜んで受け入れることにしましょう。


 さて、今回は、【おっ、これは!】、です。

300ばら

 

 

 

 

 

 

 


 

 

先日、ひらかたパークでパチリ。


 ばら園で咲き誇っていた中で、ひときわ目についた色合い。


 どこでも見かけるものもじっくり観察すると楽しめます。


 でも、知らないことに出くわした時には特別な感動があるものです。


 【みんなと一緒と言うのでは面白くも何ともない】と言うのが私の趣味なのです。

-------------------------------------------



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
塩梅マン
化学原料に限定した購買コンサルタントです。化学原料コストダウン研究所の所長です。輸入価格を知った上で購買するのが合理的購買の原点であると信じております。このノウハウで私は475億円のコストダウン実績を挙げました。これを日本中に普及させることを目指しております。私の究極の使命は日本が本当の意味で国際競争力を強化することです。コストダウン、開発購買などの成果を多くの方が実感されるのを願っております。