2008年03月14日

一体、誰が?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

         一体、誰が?

      【どうなっているんだ!】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 こんにちは、塩梅マンです。

 

 前回は、【どこから買うのか?】の4回目でした。
 原料購買部門が本格的に購買業務を開始する適度なタイミングがあることを話しました。遅れないようにしましょう。

 

 さて、今日は【どこから買うのか?】の5回目です。
どこから?を誰が決めているのか?、です。


 結論は、【●●●】、です。


 さて、あなたの会社では【どこから買うのか?】を誰が決めていますか


 えっ、購買部門の会議で購買部長が決定しているのですか。流れとしてそう見えますよね。購買部長の権限はどこでも絶対的ですからね。


 あなたがメーカー選定の情報や環境整備まで延々を展開して行って、結局、ここから買うのが良かろうとお膳立てをしますよね。時々、上司である購買課長にも相談したりアドバイスを貰ったりしながらね。

 でも、購買部長の決定は、最終決定であって、大抵の場合は実質的には儀式に過ぎないのではないですか?(ここだけの話)


 では、あなたからのホウレンソウに対応しながら監督していた上司の購買課長が決めているのではないのか?


 でも、売り手との接点は専らあなたが実施しているのだし、あなたが実務的に最も詳しく状況を把握しているのではありませんか?なんだかんだ言っても、
実は、あなたが本当は決めているのではないですか?


 しかし、そうかなあ?


 原料を使っている製造部門や研究開発部門が決めているのではないですか?どこそこの原料でないとこんな不具合が出るとか、ここのがよいと言うデータがあるとか・・・。購買部門がやっているのは実は値決めと契約書締結だけではないのかと。そんな声が聞こえませんか?


 いやいや、そんなに現場で決まるものではなくて、ISO9000でも決めているように、その原料を使って製造された製品の販売を通じて経営している最高責任者である事業部長が決定しているのだって。

 


 一生懸命実務を担当しているあなたとして見れば、【実質的には、俺が決めているんだ!】と言いたいですよね。


 はてさて、どこから?】を決める主体は一体どこなのでしょうか?ペリー来航の時の江戸幕府のようになって来ましたね。

 

 結論は、【●●●】、でした。今回は伏字でごめんなさい。来週をお楽しみに!

 

 では、今日はここまで。


 次回は、【どこから買うのか?】の6回目、です。

---------------------------------------------
編集後記)

 ポカポカ陽気が続いて、花が競い合って咲き出しましたね。この土日で梅も満開になりそうです。


 さて、今回は、【プロ野球キャンプ速報】、です。

30マー君

 

 

 

 

 

 明石球場に楽天イーグルスが3月5日(水)に練習にやって来ました。

 嬉しいことです。仕事をそっちのけにして、ウキウキと見学に出かけました。

 皮肉にもえらく寒い日で、雪がちらついていたのです。

 【今日は寒いから練習は止めや!】の野村監督の一言が一瞬頭を過ぎりましたが、中止の発動もなく無事でした。なーんか言いそうな気がしませんか?


 聞くところによると、三木谷オーナーが明石高校出身との縁で、今回の来明が実現したんだそうです。いやー、嬉しい限りです。

 ところで、この写真の中にマー君がいるそうですが、どれか分かりますか?


 ブルブル震えて行列に並んで2時間たってやっとの思いでサインチケットを手に入れました。練習後に片山選手からソフトボールにサインを貰えました。大きな一流選手に成長してくれて、このボールが輝いて来るのが楽しみです。地元出身ですしね。マー君なんかに負けるな!

 実は巨人ファンなのですが、楽天も大好きになりました。

 今年はAクラス入りしてプレーオフ出場せよ。オーナーに成り代わって私の命令だ!

-------------------------------------------



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
塩梅マン
化学原料に限定した購買コンサルタントです。化学原料コストダウン研究所の所長です。輸入価格を知った上で購買するのが合理的購買の原点であると信じております。このノウハウで私は475億円のコストダウン実績を挙げました。これを日本中に普及させることを目指しております。私の究極の使命は日本が本当の意味で国際競争力を強化することです。コストダウン、開発購買などの成果を多くの方が実感されるのを願っております。