2008年01月04日

購買実績データ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

     購買実績データはコストダウンの素

      【地味だけど、これが大事】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 明けましておめでとうございます、塩梅マンです。
本年も宜しくお願いいたします。


 前回は、【何を買うのか?】の3回目でした。
「購買仕様書」の中身として、化学物質名、組成、キースペックが必須であるとお話しました。そのための好ましい様式はどんなものになるかイメージできましたか?

 

 さて、今日は【何を買うのか?】の4回目、です。

 結論は、「購買実績データ」を整備しましょう、です。


 あなたのところでは、「購買実績データ」はどんな具合になっていますか?

 発注から決済までのワンセットが必須ですから、多分、こんな感じになっているのではないでしょうか?


1)購買部門(どこの購買部門かの識別番号)
2)使用工程(どこの製造部門で使用するかの識別番号)
2)発注年月日
3)品名番号
4)品名
5)納入メーカー番号
6)納入メーカー名
7)納入商社番号
8)納入商社名
9)発注量
10)発注単価
11)発注金額(自動計算の結果)

 

 但し、これでは受発注のルーチンワークにしか使えません。これだけ眺めていてもコストダウンは考えつくはずがありません。


 コストダウンのために使えるようにするにはこれだけでは情報が足らないのです。

 では、どんな情報が最低限足りないのでしょうか?前回の購買仕様書の中身にもヒントが隠されています。

 考えてみてください。


 しかし、その前にやることがあります。

 それは、「購買実績データ」をどんな位置付けにするかを決めることです。

 私は、こんなイメージのものがお奨めだと思っています。

 それは、仕事場や社内のあちこちにいろんな情報が散在しているのを纏めて、最低限の情報は全部「購買実績データ」に組み込むことです。そうすれば、情報を知りたければとにかく条件反射的に「購買実績データ」をみれば間に合うのですから非常に重宝できます。もっと詳しい情報が欲しい時だけ別のところを探すと言う格好にしてしまうのです。


 では、最低限の必要な情報で不足しているのは何か、思いつきましたか?


(続きは下にあります)
-------------------------------------------
【トピックス】

 下記のセミナーを開催します。もう、申し込まれましたか?

 

 私の紹介があれば大幅割引になります。詳しくは、

http://www.ip-labo.jp/

知らせコーナーをご覧下さい

 

セミナーのテーマ:

 累積コストダウン実績700億円の舞台裏で一体何が行なわれていたのか?
100万円でも売れてしまう秘密を初公開!

化学原料購買のための考え方とコストダウン手法19種

 


講師:

       化学原料コストダウン研究所 所長
(社団法人)近畿化学協会 化学技術アドバイザー(購買)

                       山本 恒雄

 


日時・会場・受講料
●日時 2008年1月23日(水)
             13:00−17:00
●会場 [東京・御茶ノ水]中央大学駿河台記念館3階320
●受講料 1名39,900円(税込、資料代含)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき29,400円

 *弊社の推薦がある場合、1名につき10,500円引き
        (2名以上は各12,600円引き)
-------------------------------------------
(続きです)

 こんな項目が必要になるのではないでしょうか?

1)機能分類(大雑把に原料の使用目的・機能を分類するため、例:充填剤)
2)購買仕様書の有無(整備状況を管理できる)
3)MSDSの有無(整備状況を管理できる)
4)複数購買状況の分類番号(複数購買化すべきものがすぐ分かる)
5)ソーティングキー(品名は異なるが同一化学物質を続けて表示するため)
6)過去のコストダウン策(今後のコストダウン策を発案するため)
7)本当の機能(なぜ?を手掛かりにコストダウン策を膨らませるため)
8)化学物質名・組成


 そして、このような「購買実績データ」は、ACCESS上で運営し、ピボットテーブル構造に落とし込んで、対象原料に関して瞬間的に閲覧できる環境整備をしておくことでしょう。

 こうすれば、正に日常的に情報が誰でも活用できるようになりますよね。


 コストダウンを効果的にやろうとすれば、こう言う地味なところをシッカリ作って、維持・管理することが見えない力になるのです。


 どこか参考になりましたでしょうか?あなたも上手く取り入れてくださいね。

 


 結論は、購買実績データ」を整備しましょう、でした。

 

 では、今日はここまで。


 次回は、【どこから買うのか?】の1回目、です。


編集後記)

 明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 さて、今回は、久し振りに動物に戻って、ネコ、です。

45猫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 神戸市の農業公園(別名:ワイン城)にいる野良猫です。

 このネコと友達になったのは、かれこれ3年ぐらい前になりますか。

 ここには大きなバーベキュー会場があり、観光バス客がここで昼食を取るお決まりのコースになっています。

 こいつは、その倉庫に住みついているのですが、大勢の人を見てきているわりには、警戒心が強いのです。まあ、ネコとはそう言うものなのでしょうがネ。

 でも、私が「ニャオー、ニャーオー」と呼べば、ひょっこりと姿を現してくれるのです。こうなると本当に可愛いものです。犬も好きですがネコも愛らしいですよ。

 手渡す煮干を次から次へとバリバリ食べてくれます。その内に体を擦りつけて来ておねだりするんです。ふさふさした毛が気持ちいいです。体温が伝わってきます。

 そう言えばここ2ケ月行っていないので会っていません。そろそろ出かけてみますかねえ。まだ老猫ではないでしょうから元気でいると思うのですが。

 今年は「ネズミ」年ですが、このネコも宜しくお願いします。

 もし、農業公園に来られる機会があったら、探してみてください。私を真似て呼んだらひょっとしたらお目にかかれるかも?

-------------------------------------------
【速報】

「【クリスマスキャンペーン開始!】

“新・情報ビジネス【億の夢道】
〜これで無理なら情報起業は諦められます〜

(フルラインナップ版)
 
http://kat.cc/055fa9←ここをクリックしてください

60できる

 



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
塩梅マン
化学原料に限定した購買コンサルタントです。化学原料コストダウン研究所の所長です。輸入価格を知った上で購買するのが合理的購買の原点であると信じております。このノウハウで私は475億円のコストダウン実績を挙げました。これを日本中に普及させることを目指しております。私の究極の使命は日本が本当の意味で国際競争力を強化することです。コストダウン、開発購買などの成果を多くの方が実感されるのを願っております。