2012年03月

2012年03月31日

オンリーワン

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

            購買戦略(戦略の基本部分)

               【オンリーワン】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 こんにちは、塩梅マンです。


 前回は、【購買のあるべき姿】について概説しました。これが購買戦略を考える場合の出発点であると言うことでしたね。


 さて、今回は、【戦略の基本部分】について考えて見ましょう。結論は【オンリーワン】です。


 さて、先ず最初ですが、強者の戦略と弱者の戦略と言うのを知っていますか?


 実は、意外とこの違いを心得て使い分けていることが少ないのではないでしょうか?やたらとみんな強者になりたがったりするんですよ。


 強者の戦略と言うのは、ナンバーワン、オンリーワンの企業が取ると上手く行く戦略のことです。


 弱者の戦略とは、ナンバーツー以下の会社が取らないといけない戦略のことです。


 即ち、強者の戦略は、その業界・分野で世界一の会社が使うもので、それ以下の会社は弱者の戦略を考えないと成功しないと言う意味です。さしづめトヨタなら強者の戦略、ホンダなら弱者の戦略と言った具合でしょうか?


 ところが得てして、世界一の会社が取っている戦略は正当でスマートで格好よくて、世界的に著名な評論家などが主張している論理にマッチしたりするものなので自分もそうしないといけないと思ってしまうのですが、それがそもそものの間違いだそうですから怖いものです。


 はてさて、あなたの会社はどちらに該当しているでしょうか?


 次に、横並び戦略の落とし穴です。日本ではこれが非常に多いのではないでしょうか?


 どこかの著名な学者さんや経営コンサルタントが主張する基本戦略をみんな真似してしまうのです。どのクライアントにも殆ど同じような基本戦略を押し付けているのかも知れませんが。。。。


 経営戦略でよくある例は、『選択と集中』とか『本業回帰』とかエレクトロニクスとバイオに焦点』とか・・・・。


 みんなそう言う方向性だから我が社もそれに乗っかってやろうとする。


 違うこと自体に自社・自分の存在価値を見出そうとするのではなくて、周囲と同じような戦略を取ることで安心してしまうのですよね。みんなで渡れば怖くないと言って。全員が成功することなどそもそもあり得ないことなのに。。。

 

 3つ目は、戦略は無限であると言うこと。


 基本戦略は無限ではないかも知れませんが、具体的な戦略は無限の組合せがあるのです。

以下に続く)
--------------------------------------------------------------------
 化学原料系:コストダウンセミナー(大阪):募集中!

運・勘・偶然ではない!!
再現性のある多彩なコストダウンの戦略とスキルを体得する!
原料の購買・調達に何らかの形で携わっている方は必聴の好評講師セミナー

【化学原料のコストダウン技術とその戦略】


●日時:   4月13日(金)10:30−17:30
●場所:   大阪:大阪市天満橋ドーンセンター4階中会議室3
●受講料:  47,250円


 尚、好評なので、条件付きですが、セミナー参加者の特典として、20万円相当の無料サービスをご利用いただける特別なプレゼントを引き続きご用意させていただいております。


 詳しくは下記のリンクをクリックしてご参照ください。

http://www.science-t.com/st/cont/id/19793

 


 尚、下記のホームページの無料相談フォームから講師割引をご請求いただければ、参加費はお安く(47,250円のところが23,600円と半額に!!!)なります。

http://www.ip-labo.jp/article/13183391.html
--------------------------------------------------------------------
(この下続き)

 戦略の構成要素毎に、,笋覘△笋訃豺腓箸笋蕕覆ぞ豺腓鯏宜使い分けるやらない、と言うように仮に3種類に選択肢を分類すれば、


 戦略の数=3^(構成要素数) となるので、


構成要素をわずか10個程度とめちゃくちゃに乱暴に仮定したとしても、戦略の数は59049種類となりますよね。


 ですから、戦略を考えると言うのは大変な仕事です。果たして直観力だけで出来ることでしょうか?


 更に、実は、成功する戦略と失敗する戦略とがあります。


 戦略と言うのは上記のような構成要素の無限な組合せですから、その中に成功する戦略もあるでしょうが失敗する戦略もあることになるでしょう。


 いや、むしろ、ごく限られた成功する戦略とやたら多くの失敗する戦略があると思った方が正しいのかもしれません。


 そして、最後は、


成功しなければ戦略とは呼べないと言うこと!


●凄い戦略は現状を一変させるような不連続的な急成長を成し遂げさせる。

●平凡な戦略は現状維持か現在の延長線上の小さな成長しか達成できず、戦略がないのと大差がない。

●鈍な戦略は会社を衰退させるか潰してしまう。


 丁度、これは業界内企業群の中での勢力地図と何となく重なって見えるのは私だけの思い過ごしでしょうか?


 これと同じようなことが購買戦略についても言えるのではないかと思っています。


A)現状の購買力を不連続的に高めることを成し遂げることができるか?
B)現状維持か現在の延長線上の小さな購買力強化程度になってしまうか?
C)購買力を衰退させたり潰してしまうのか?


 と言うことで、


数回前からのテーマである購買の本丸である『購買戦略』について、一緒に考えて行きましょう。相当な長期戦(半年?1年ぐらい?)になると思いますがお付合いくださいね。


 あっ、最後に一言。


 購買戦略はあなたの上司が本来やるべき最も重要な仕事です。だから今のあなたには役に立ちません。そこで、あなたが将来ボスになったつもりで、いやいや、社長になったつもりで取り組んで欲しいと思います。


 では、今回はここまで。今回の結論は【オンリーワン】でした。

---------------------------------------------
編集後記)

 桜のつぼみが心持ちか膨らんで来たように感じるのは私だけでしょうか?少し遅れる気配ですが、その分長く楽しめるのかも知れませんね。それにしても沖縄は暖かかったですよ。別世界です。


 さて、今回は、これ↓。

クラッチとクラッチーナ

 

 

 

 

 

 

 

 昨年の3月11日から1年ぶり、あの東日本大震災から1年が経ったのですね。


 地震すら感じることなくオープン戦が突然中止になって、何がなんだか分からないまま球場を後にしたことが今更のように思い出されます。


 まさか、あのような地震・津波・原発事故の3重苦になろうとは!


 殆ど被災地に手を差し伸べることもできないままになっていることを心苦しく思っています。


 同じ天変地異を体験しているとは言え、想像をはるかに超える北国での苦労が続いていることに心からお見舞い申し上げます。


 クラッチとクラッチーナのこの底抜けな明るさをバネに、『あきらめない!』を貫いて欲しいと心から願っております。


 春爛漫ももう少しです。
-------------------------------------------



Profile
塩梅マン
化学原料に限定した購買コンサルタントです。化学原料コストダウン研究所の所長です。輸入価格を知った上で購買するのが合理的購買の原点であると信じております。このノウハウで私は475億円のコストダウン実績を挙げました。これを日本中に普及させることを目指しております。私の究極の使命は日本が本当の意味で国際競争力を強化することです。コストダウン、開発購買などの成果を多くの方が実感されるのを願っております。